« July 2004 | Main | September 2004 »

初恋終わる

毎週楽しみに観ていた韓国ドラマ「初恋」がついに終わりました。全66話と超大作だったわりにはラストが妙に中途半端ですっきりしないのですが、このドラマが8年前に韓国で放映された時は最高視聴率が40パーセントを超える人気ドラマだったそうです。このラストで韓国の人達は納得したのでしょうか?冬ソナのコンビの関係がどうなるのか期待していたのにこちらも中途半端なままで残念でした。まあ、脇役なのでしようがないのかもしれませんが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

座ったきり中年

冬ソナ燃え尽き症候群と言う訳ではないのだが、このところの気候のせいかどうも体調が良くない。風邪かなと思ったのだが2日間、安静にしてたら少し持ち直してきたので違うのだろうか。そんな訳でこの週末はソファに座ったまま映画三昧、借りて来た4本のDVDもすぐに見終わりスカパーの映画チャンネルをボーっと見ていた。昔なつかしいゴーストバスターズとかは覚えているのだがあとはタイトルも思い出せない。「寝たきり老人」ならぬ「座ったきり青年」であると会社の人に言ったら、「中年の間違いでしょ」と言われてしまった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

HDDレコーダー壊れる

SONY製のHDDレコーダーがある朝突然深い眠りに入ったまま起動しなくなってしまいました。買ってから1年2ヶ月、これがSONYタイマーってやつか?確かに便利だからよく使ったけどねー。しかしHDDレコーダーのある生活に慣れると壊れてしまった時の毎日がなんと味気ないこと。はよ修理せねば。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

じょんのび

とりあえずタイトルを「Murayのじょんのび日記」としました。ネットで検索してみたら他にもじょんのび日記としているとこもあったので「Murayの」といれときました。やっぱり新潟の人でした。ちなみに「じょんのび」とは新潟地方の方言で、「のんびり・まったり」と言う感じですかねー?なかなか微妙な感じを伝えるうまい表現がみつからないのですが。まあ皆さん、人生はじょんのび行きましょう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

冬ソナ終わる

ついに冬ソナが終わりました。監督と脚本家の方もぎりぎりまで最終回をどうするか悩んだようです。韓国で放映していた時はチュンサンが死ぬ案もあったようですが、視聴者から「チュンサンを死なせないで」と言う要望が多かったので今日の最終回のようになったようです。そのせいか最終回はちょっとバタバタした感じがしましたね。とは言えミニョンとユジンの再会のシーンと最終回での再会のシーンをジグソーパズルでつないだり、目の見えないミニョンが風にそよぐ匂いでユジンに気づくシーンが高校生時代のバスの中のシーンを連想させるなど細かいところまで良く考えられています。私は全20話のうち第1話と今日の最終話が大好きで何度も見ているのですが、特に最終話はもう何度繰り返し見たかわかりません。いやー、冬のソナタ、本当に良かったですね。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

初恋

と言っても私の初恋の話ではない。スカパーでやってる韓国ドラマなのだが、なんと今をときめく冬ソナのヨン様とチェ・ジウが初競演した8年前のドラマなのです。2人とも若くて顔つきも冬ソナとまったく違うんですよねー。ヨン氏は短髪でキリッとしててかっこいいけど、チェ・ジウはいかにも韓国美人風のコテコテ化粧です。このドラマもいよいよ佳境に入ってラストがどうなるのか眼が離せませんね。しかし主人公はヨン氏の兄のはずなんだけどいかにもヨン氏が主人公みたいに扱われてるのは違うんじゃないかい。それと全60話は長すぎるよ~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

福原愛ちゃん

初戦ははらはらしたけど、3回戦は年が倍以上も違う相手にストレート勝ち。小さい頃からちょっと卓球がうまいだけでちやほらされてるガキンチョ(ホントごめんなさい)と思っていたけど、うーんこいつ確かに只者じゃないな。オリンピックという大舞台でしかも相手にリードされても少しも動じない様子はとても15歳には見えんな。あとは14歳で燃え尽きてしまった岩崎恭子ちゃんのようにならなければよいのだが。恭子ちゃんTVで解説してて驚いたよ。あんた、そんなとこで人の解説してる場合ちゃうんやないの?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

号泣する日下部

残念ながらメダルを取れなかった日下部選手。カメラの前も憚らず泣きじゃくる姿に、いやースポーツっていいなーって思ったのは私だけでしょうか?涙のホントの理由は第3者には分からないけど、きっとこの人はメダルを取っていても大泣きしたでしょうね。今回は残念だったけどまだまだ君のオリンピックが終わったわけじゃないよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ひまわり

hima8.JPG
写真をアップしてみるの図

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オリンピック始まる

オリンピックがついにはじまりましたね。こういったイベント見てていつも思うのは、人間って肌の色や言葉の違いでいろいろな人種に分けているだけじゃないですか。例えば蝶で言えばその羽根の色や形でアゲハチョウやモンシロチョウとか呼び分けているように。人間だって蝶やトンボと同じ、この小さな青い惑星に生きている1種の生物にすぎないじゃないですか?それなのに人間は今、地球滅亡に向かって一直線に突き進んでいるよね。それは環境汚染だったり戦争だったり様々な手段を使って。オリンピックと言うイベントは素晴らしいけど人間がもっとも知性の発達した生物なら、その知性をこの地球という惑星を美しいまま保つために使うことはできないのだろうか?オリンピックを見ていてふとそんな事を考えてしまう異常気象の夏の一夜でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

リクルート

DVDを借りて見た。あまり期待してなかったけどなかなか面白い。フォーン・ブースではいまいちだったコリン・ファレルもなかなか良かったんじゃない。最後まで見ている者を裏切り続け目が離せない展開であった。でもラストが少しひっかかって実は良く分からないとこもあったんだけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アジアカップ優勝おめでとう

ついにやりましたね。厳しい状況の中でよくやりました。その調子でWカップも頼むぞ〜。040807_194802.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

α-7Digital情報

正式発表より先に情報サイトが立ち上がりましたね。なかなか詳しい情報が伝わらない中でいらいらしているミノルタユーザーも多いのではないでしょうか。もちろん私もその一人ですが。とりあえずはここを見ながら一日千秋の思いで待つとしますか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

トラックバック

トラックバックもらったんだけど、いまだにそれが何だか分からないオイラ。うーん、夏休みの宿題にしとこ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

奇跡再び

昨日のアジアカップ準決勝、バーレーン戦も凄かった。後半終了5分前に逆転された時は終わったと思ったけどねー。何事も諦めちゃ駄目ってことだね。人生も同じ、延長戦で逆転勝利!ん?人生に延長戦あるのか?

| | Comments (0) | TrackBack (1)

セシリア・チャン

何となく借りてきた映画を見たら、なんとあのセシリア・チャンが出てるではないかー。ラブレター-パイランより-の演技が良くて思い出すだけで胸がジーンとするよ。今回のは香港のコメディー映画だけどやっぱり彼女いいわー。これから一押しの女優かな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2004 | Main | September 2004 »