« January 2005 | Main | March 2005 »

映画「きみに読む物語」

kimiyomu何気なく選んだ映画だったが、凄く良かった。感動的なシーンがあって号泣するという訳ではないのだが、映画の中盤くらいになってだんだん状況が理解でき、その後の展開を推測して感動してしまうと言う不思議なストーリーだった。最近の米国映画は銃、バイオレンス、ヒット作の続編といった物が多かったので少し食傷気味だったのだがこんな映画を作らせてもうまいんだと改めて思い知らされた。1週間位はこの幸せが続きそうな、そんな素晴らしい映画でした。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

イ・ウンジュさん

俄かには信じられないニュースが韓国から飛び込んできた。個人的には韓国の女優さんの中でも大好きで将来にもとても期待していただけにとても残念です。イ・ウンジュさんは日本では、ラブストーリーやブラザーフッドの映画で有名ですが、他にも「オー!マイDJ」や「空の庭園」などのとても印象に残る映画にも出演していたんですよね。短い期間でしたが、沢山の感動を与えてもらったことに感謝するとともに、心からご冥福を祈ります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

映画「パッション」

jim軽い気持ちで見てしまったのだが居たたまれない気持ちになる重い映画でした。世界中でかなりの論議を呼んだのも良く分かるような気もします。もちろん良いとか悪いとか私には批評できません。キリスト役のジム・カヴィーゼルはどこかで見たことあるなと思ったら、ペイ・フォワードにヤク中役で出てた人だったんですね。凄い存在感のある役者で今回は大抜擢だったのではないだろうか。私なんかは第三者的な立場でこの映画を見ていたのだが、はたしてキリスト教の信者だったらどんな気持ちで見たのかとても気になりました。以前から仏陀や宗教について興味があったのだが、キリストについてももう少し勉強したくなりました。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

PMA直前

mn_kiss1アメリカで開催されるPMA2005を間近にして各社から新製品がじゃんじゃん発表されてますね。今日はついにCANONからKissDigitalの後継機となるKissDigitalNが発表されました。これまで最軽量を謳っていたistDsも楽々超える最軽量の達成は凄い。それにしてもCANONユーザーは次々と発表され、しかも性能は上がって価格は下がる新製品に毎年どきどきしながら見ているのではないでしょうか?私もかつてはそうだったのですが、今はすっかり7Dで落ち着いた気持ちで見れます。そんな去年のPMAでα7Dを発表し世間をあっと言わせたKミノルタさんは今年どうなんですかねー。7D用のレンズとか新しいデジ一眼とかはないのでしょうか?ここまであまりぱっとした新製品の発表が無いのでちょっと心配なんですけど。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

アマゾンから届いた物

ngネットで紹介されている記事を見て書店で探してみたのだが、なかなか見つからなかったのでアマゾンで注文していた本が届いた。プロのカメラマンが撮った写真と解説が豊富に載っていてなかなかこれ面白いです。ボリュームもあるので読み応えもあるしね。アマゾンは書店で見つからない本やDVDがある時に時々利用するのだが自宅に居ながらにして欲しい物が手に入るなんて、いやーいい時代になったもんだねー。(感無量)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

コニカミノルタから届いた物

cfcase外出から戻ると郵便受けにKミノルタからの封筒が。もしかして当たったか!と期待したのだが中から出てきたのは残念賞のCFケースであった。しかも特別カッコよくもなくはっきり言って地味である。1GBのCFが当たるかもと期待して買い足すのを我慢していたのに悔しいのである。それにしても決して安くはない7DなのだからKミノルタさんももうちょっと奮発して欲しかったと思うのは私だけであろうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

韓国ドラマ「ホテリアー」

hoteriaこれが面白くて一気に見てしまった。業績が悪くなってM&Aの危機となったホテルを立て直そうと奔走する男と女のドラマなのだが、最近に珍しく誰も難病になったり事故にあったりしないのが良いね。これまで見てきた韓国ドラマの中でも1位、2位を争う良い出来でした。写真はホテリアーの中の1シーン、幼い頃に生き別れた親子が再会し、娘のお辞儀を受ける父親というこのドラマで一番の感動的シーンです。韓国ドラマではこんな風に親に対して跪いて挨拶をするシーンが時々見られますが、親や目上の人を敬うという儒教の教えを大切にする韓国ならではのとても好きなシーンです。最近は日本でも親子間での殺人とか悲しいニュースが続いていますが、韓国のような親子の絆を大切にする精神を取り戻したいものである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今年もお世話になります。

ryukaku数年前に2週間以上も咳が止まらない風邪に悩まされて以来、風邪をひくとまずノドにくる体質となってしまった。人間、窮するといろいろ考えるもので咳を抑えるためにノドに塗るスプレーやらノド飴やらいろいろ試してみて結局、龍角散が一番効くという結論に達した。個人差もあるだろうから保証はできないがお奨めします。先達は言いました。「良薬はおいしくない」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2005 | Main | March 2005 »