« ほっとけない 世界のまずしさ | Main | 発表!「αSweet Digital」 »

映画「ミリオンダラー・ベイビー」

million
今年のアカデミー賞で4部門受賞ということで話題の映画である。ハッピーエンドだと勝手に思い込んでいただけにラストは意外で切なかった。それにしても、主演のヒラリー・スワンクもクリント・イーストウッドもモーガン・フリーマンも他にいないんじゃないかと思う程のはまり役だったね。ところで今年の米国での映画収入の落ち込みが激しいらしい。それはそうだよね、リメイク物とかヒット作の続編とかばっかりで全然つまんない。特に最近は面白いSF物がないんだよなー。米国らしいスケールのでかい映画たのんますよ。まあ、そんな中でなかなか健闘したんじゃないかな、この映画は。公式サイトはこちら。

|

« ほっとけない 世界のまずしさ | Main | 発表!「αSweet Digital」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38633/4941503

Listed below are links to weblogs that reference 映画「ミリオンダラー・ベイビー」:

» 人間の生き方を問う映画◆『ミリオンダラー・ベイビー』 [桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」]
6月7日(火)TOHOシネマズ木曽川にて 最初に断っておくが、私はクリント・イーストウッドがあまり好きではない。 彼の若い頃の活躍については、実際のところよく知らないが、あそこまで歳を取ってもあくまで"ヒーロー"をやりたがる姿勢が好きになれなかったし、自分が監... [Read More]

Tracked on July 26, 2005 at 11:16 AM

« ほっとけない 世界のまずしさ | Main | 発表!「αSweet Digital」 »