« November 2006 | Main | January 2007 »

日本映画「硫黄島からの手紙」

Iojima 2006年最後に劇場で見るには少し重い映画となってしまった。しかし日本人として決して目を背けてはいけないのかもしれない。全般に色彩を抑えた映像の中で渡辺謙をはじめとする俳優陣がいい味を出していた。それにしても日本人て、自国の歴史についてあまりにも知らないんだな、と思わせる作品だった。公式サイトはこちら

| | Comments (1) | TrackBack (1)

日本映画「男たちの大和」

Yamato2 壮大なストーリーとその影にある人間ドラマ、それらを盛り上げる素晴らしい特撮技術、久しぶりに感動した日本映画である。さらに役者一人一人が見事にその役を演じていて、日本の俳優陣もまだまだ捨てたものじゃないと思わせる。長渕の主題歌も見事にマッチしている。あえて言えば、あの「タイタニック」を意識したかな、って部分もあるけど、実在した戦艦大和の話であることを考えれば仕方ないところか。今、急上昇中の蒼井優ちゃんの演技も泣かせる。映画の公式サイトはこちら

| | Comments (0) | TrackBack (0)

韓国ドラマ「ホジュン」

Hojun 再放送が始まった衛星劇場で途中から見始めているのだが、これが面白い!今のところ韓国ドラマNo.1の座にあるのは「チャングム」だが、作られたのはこちらが先と言う意味では、「チャングム」を超えていると言ってもいいかもしれない。毎回毎回、いろんな事件が起こり次回を早く見たいとゆう中毒症状を引き起こすくらいである。ホジュン役のチョン・グァンヨルも渋いのだが、イェジン役のファン・スジョンがまたいいんだよなー。四姉妹物語でも落ち着いた演技を見せているが、時代劇にぴったりの顔立ちのような気がする。最近のドラマでは見ないのでどうしたのかと思ったら、この後ショッキングな事件があったんだねー。復帰の準備をしているとゆう情報もあり是非また戻ってきて欲しいものである。ドラマの公式サイトはこちら

| | Comments (0) | TrackBack (2)

« November 2006 | Main | January 2007 »