« 韓国映画「愛するときに話すこと」 | Main | 映画「ジャンパー」 »

日本映画「22才の別れ」

22sai たまには邦画でも観るかと何気なく手にした知ったタイトル。大林監督の不思議ワールドと全編に流れる懐かしい曲がマッチして、凄く感動する訳じゃないけど後から沁み込む良い作品になっています。ただ昔を懐かしむだけじゃなく、少しだけオジサンを元気にしてくれる内容になっていましたね。ご多分にもれず私もこの名曲にはいろいろ切ない思い出があって当時は良く聞いたものですが、映画を見ていて、今更気がついてしまいました。歌詞の中の「17本目から一緒に火をつけたのを・・・」の部分にそうゆう意味があったのか!
気がつくのが遅すぎる気もしますが、いやー、長いこと生きてるといろんな発見があるもんですね。(爆)
映画の公式サイトはこちら

|

« 韓国映画「愛するときに話すこと」 | Main | 映画「ジャンパー」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 韓国映画「愛するときに話すこと」 | Main | 映画「ジャンパー」 »