« February 2008 | Main | April 2008 »

泣ける犯罪ドラマ「コールド・ケース」

Coldcases 映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」や「アルマゲドン」の製作者として知られるジェリー・ブラッカイマーが製作総指揮に挑んだ犯罪ドラマである。コールド・ケースとはいわゆるお蔵入りとなった殺人などの凶悪事件の事で、これを扱う女性刑事リリー・ラッシュの活躍を描いたドラマなのだが、これがただの犯罪ドラマではなく、事件に関わる人たちの心情を繊細に表現し、更に事件当時にヒットした音楽をバックに流すなど非常に緻密に構成されています。ロス疑惑の三浦容疑者が逮捕された時、まさにこのドラマだと思った人も多いかもしれません。今、一番のお奨めドラマです。
AXNで放送中、番組の情報ページはこちら

| | Comments (0)

映画「ジャンパー」

Jumper 一瞬にして肉体を世界中のあらゆる場所にテレポートさせる能力を身につけた「ジャンパー」の青年と、「ジャンパー」を抹殺しようとする集団との戦いを描いたSFアクション作品である。一体誰が、こんな突拍子も無い事を思いつくのだろう、と言うストーリーとそれを迫力タップリに映像化する技術が融合し、まったく新しい作品に仕上がっている。主人公の青年をあのアナキンが熱演し、東京の見慣れた風景も出てきてちょっとうれしい映画になってます。まだまだ謎が明かされないまま終了しているので、シリーズ化されるのを期待しましょう。
映画の公式サイトはこちら

| | Comments (2)

日本映画「22才の別れ」

22sai たまには邦画でも観るかと何気なく手にした知ったタイトル。大林監督の不思議ワールドと全編に流れる懐かしい曲がマッチして、凄く感動する訳じゃないけど後から沁み込む良い作品になっています。ただ昔を懐かしむだけじゃなく、少しだけオジサンを元気にしてくれる内容になっていましたね。ご多分にもれず私もこの名曲にはいろいろ切ない思い出があって当時は良く聞いたものですが、映画を見ていて、今更気がついてしまいました。歌詞の中の「17本目から一緒に火をつけたのを・・・」の部分にそうゆう意味があったのか!
気がつくのが遅すぎる気もしますが、いやー、長いこと生きてるといろんな発見があるもんですね。(爆)
映画の公式サイトはこちら

| | Comments (0)

韓国映画「愛するときに話すこと」

Ai_hanashi そいえば、ハン・ソッキュ君「スカーレット・レター」以来見てないな、と思ったのですが久々の出演映画です。相手役のキム・ジスはドラマ「神話」で印象的な演技を見せていましたが、この二人の相性もピッタリで、あの名作「八月のクリスマス」を思い起こさせる切ない演技を見事に演じていたように思います。
珠玉のアジアン映画に乾杯!
公式サイトが見つからなかったのでこちらの紹介ページ

| | Comments (0)

« February 2008 | Main | April 2008 »