« October 2009 | Main | December 2009 »

福岡伸一「動的平衡-生命はなぜそこに宿るのか」

Heikou
「生物と無生物のあいだ」を読んでからこの著者と分野に興味がでてきた。「動的平衡」ってどうゆう意味?と思いながら読むと、最後にはなるほどそうゆう意味かと納得でき、生命の神秘さに驚かされる。それにしてもこの人の文章はへたな小説家よりよほど面白くてどんどんひきこまれていきます。

| | TrackBack (0)

映画「2012」

2012_2
マヤ暦が2012年12月で終わることからくる地球終末説を題材にした映画で、「デイ・アフター・トゥモロー」のローランド・エメリッヒ監督が最新のSFXとCG技術を屈指して迫力と臨場感のある映像になっています。久々のSF映画だったので前夜祭に出かけてきたのだが、金曜のレイトショーにも関わらず多くの人が見に来ていて、この映画への関心の高さが伺えました。

この「2012年地球終末説」については、気になって1年位前からいろいろな書物を読んでいるのだが、その理由についてはマヤ暦に由来するもの以外にも諸説あり、また2012年よりもっと早いという説もある。個人的には、拡大する富と貧困の格差や物質文明の行き詰まりを考えると2012年前後に大きな出来事があっても不思議ではなく、むしろそれを期待する気持ちもある。まあ、この映画ではあまり心配しないで連続ディザスタームービーとして楽しむのがいいでしょう。
しかーし、一箇所だけつっこみを入れたい、
「その状況で携帯電話は通じないだろ!」
映画の公式サイトはこちら

| | TrackBack (1)

竹内結子、米TVドラマ「FlashForward(原題)」に出演!

Flashforward
「FlashForward」は「LOST」に続くドラマとして米ABCが製作し、本国では9月24日の放送開始以来かなりの人気を得ていて、そのドラマの第7話から竹内結子さんが出演しているようです。突然入ってきたニュースなので意識的に伏せられていたんでしょうか。なかなかうまい宣伝効果です。竹内結子さんは日本人では一番好きな女優ですし、「LOST」出演を機に韓国女優のキム・ユンジンは一躍有名になったので、この「FlashForward」にはかなり期待してしまいます。先日の真田広之の件もあり、日本の俳優陣もどんどん海外に進出して欲しいですね。
日本ではAXNから2010年に放送開始!うーん、待ちきれません!
ABCの番組情報はこちら
AXNのニュースリリースはこちら

| | TrackBack (0)

福岡伸一「生物と無生物のあいだ」

Photo
最近は宗教的興味の「人生とは何か?」から始まり、生物学的な「生命とは何か?」まで興味が尽きない。帯のコメントに惹かれて手にしたこの本も最初から最後まで読者の心を離そうとしない。意外だった野口英世の話、DNAをめぐる研究者の熾烈な競争、ポスドクと呼ばれる人たちの過酷な状況など、普通は知ることのできない世界が垣間見れたような気がしました。学生時代は生物の授業は苦手だったけど、勉強しなおして生物学者になるのもいいかも、などと思ってしまいました。
このところ、iPS細胞とかクローン技術とか話題になることも多いですが、この分野の人たちは日夜、研究に明け暮れる過酷な日々なんだろうな、と考えてしまいます。

読書メーターに登録してみました。
雑食系の私の趣味がモロバレです。

| | TrackBack (0)

たかのてるこ「ダライ・ラマに恋して」

Darairama
たかのてるこさんの著書はいろいろ読んでいるが、ここで取り上げるほどではないかなと思っていた。しかし、この「ダライ・ラマに恋して」にはまいった。ただの旅行好きを超えて自ら旅行記を企画し、実行し、さらにメディアに公開するまでにいたっている。どちらかと言えばお笑い系と思っていた人に、不覚にも電車内で泣かされてしまった。

| | TrackBack (0)

« October 2009 | Main | December 2009 »